診療のご案内

HOME > 診療のご案内

むし歯治療

むし歯は、見た目には分かりにくい歯と歯の間(隣接面)にできることが多く、また初期のむし歯(C0~C1)は痛みがないので気づきにくいため、 治療を行ってみると予想以上に進行している場合があります。ご自身の歯を健康に保つためには、むし歯がわかった時点で早期に治療を行うことが必要不可欠です。

むし歯になる4つの要素「細菌・唾液・食習慣・時間」

むし歯の進行

むし歯の進行

むし歯になる4つの要素

個人差がありますが、下記の4点がむし歯のリスクを大きくします。

  • むし歯の原因となる「細菌」が多い
  • 「唾液」の分泌量や抵抗力が低い
  • 甘いものをよく飲食する「食習慣」
  • 食べてから歯磨きするまでの「時間」が長い

やまもと歯科では痛みの少ない治療を心掛けております

笑気吸入鎮静器

痛みで治療にご不安を感じている患者様に対して、浸潤麻酔や笑気吸入鎮静器をご用意しております。

表面麻酔

表面麻酔は、浸潤麻酔を行う前に皮膚や粘膜表面の感覚を和らげるために行います。
注射を挿すときの痛みを軽くすることができます。

浸潤麻酔

当院では、痛みの少ない治療として、浸潤麻酔を行う際にも様々な工夫をしています。

  • 細い針を使用しています。
  • 食べてから歯磨きするまでの「時間」が長い
笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法とは、医療用ガスの一種である笑気ガスと医療用酸素を用いた麻酔のことです。治療時に笑気ガスを吸入することによりリラックスができ、その後の麻酔を無痛に近い状態で受けていただけます。
笑気ガス吸入によって、ストレスを感じにくく、また嘔吐反射を抑えることもできます。治療を怖がるお子様に、治療に慣れてもらうための手段としても使用しております。
笑気はお子様はもちろんのこと、大人の方にもご好評いただいております。痛みについてお悩みの方は、ぜひ、やまもと歯科にご相談ください。
※笑気吸入鎮静法には健康保険が適用されます。

歯内治療

痛みを感じるむし歯(C2)や、進行してしまったむし歯(C3)の場合は、歯の内部や歯の根までをきれいに清掃し、細菌を徹底的に退治してまいります。患者様への細菌感染対策として、専用器具を使用してまいります。

ラバーダム

ラバーダム

施術部位以外を専用のゴムシートで覆うことで、
舌や粘膜を保護し、感染や汚染を防ぎます。

ビーズ滅菌器

ビーズ滅菌器

チェアーサイドで使用できるコンパクトサイズの滅菌器です。
小さなガラスビーズを高温に加熱し、その中に治療器具を挿入することで短時間で滅菌が可能です。
歯の根の治療に使うハンドピースや綿球などを滅菌し、感染を防ぎます。

むし歯予防のポイント

歯のしくみ

食後の歯磨き

お口の中の糖分を栄養にして細菌が増殖し、歯垢を作り出します。歯垢が歯に定着するまでは約8時間と言われており、24時間ほどで歯ブラシでは取れない程に固まってしまいます。食後は早めに歯磨きをして、歯垢を取り除きましょう。

規則正しい食生活

糖分を取ると、お口の中が酸性になります。常に飲食をする習慣があるとお口の中も酸性の状態が常となり、酸によって歯の表面のエナメル質が溶けてしまいます。エナメル質の内側の象牙質まで達すると、歯がしみたり、痛みを感じたりします。
規則正しい食生活を心掛け、むし歯になりにくいお口の環境を一緒に作っていきましょう。

定期検診

丁寧に磨いていても、やはり磨き残しは出てしまうものです。むし歯になってしまうと自然治癒することはありません。一生ご自分の歯とともに過ごしていくために、定期的に検診を受けられることをおすすめします。

歯周治療

歯周病は歯と歯ぐきの間に歯垢(プラーク)が溜まり、そこにばい菌が繁殖することで、歯ぐきに炎症を起こします。さらに悪化すると歯を支える歯槽骨を溶かし、最悪の場合は歯が抜けてしまう怖い病気です。

歯周病の進行

歯周病の進行

確実な診査・診断

歯科用CT

歯周病は早期発見と早期治療が重要です。現在、成人の90%以上が歯周病の疾患があるとされています。一見症状が見られない方も歯周病が発症している可能性がほとんどです。

歯周病が進行し、神経まで細菌に感染してしまった場合は、歯の寿命を延ばすために歯の根の治療を行います。細菌に感染した歯質や神経を完全に除去する必要がありますが、歯の根の形状は分岐していたり曲がっていたりととても複雑です。

従来のレントゲン画像だけでは把握が困難でしたが、当院では神経の状態を3次元的に確認できる歯科用CTを用いることで、より精密な診断を行っています。

歯周治療のポイント

歯周病はだいたい20代から始まります。歯周病は歯の病気ではなく、歯の周りの歯茎と骨の病気です。歯周病で骨が溶けると歯の根が露出します。そこにプラーク、バイ菌の塊がつきやすくなります。つまり清掃不可能な状態なのですが、それをルートプレーニングという治療でまず清掃可能に変えてあげなければなりません。それから水準以上の歯磨きができるようになるのが歯周病の治療の基本です。つまりプラークがとれないと病気は治りませんので当院ではコンピューターを駆使してプラークが少なくなるよう管理しております。

プラーク管理

管理しているデータはパンフレットにして患者様にお渡します。ブラッシングを丁寧にすべき箇所が一目でわかります。

患者様へ渡すパンフレット

ブラッシング指導

ブラッシング指導

「毎日、きれいに歯磨きをしている」と思っていてもどうしても磨き残しはあります。当院では、患者様お一人お一人に最適な歯ブラシを提案し、磨き方を指導しながら一緒に口の中の健康を管理していきます。

定期的な処置

ご自宅でのブラッシングはとても大切ですが、それのみでは、歯周病の原因となるプラークを全て取り除くことができません。プロフェッショナルケアとして、ルートプレーニング(SRP)を合わせて行なうことが大切です。SRPは、歯科衛生士が専用器具を活用し、プラークを徹底的に取り除く処置です。定期的に行うことで、歯面や歯ぐきの間がきれいになるだけでなく、プラークが再付着しにくい状態を保つことができ、歯周病予防に大変効果的です。

小児歯科

小児歯科

お子様のむし歯予防、治療、歯ならびの治療などを行います。むし歯を放置すると、味覚形成や顎の成長などに影響を与えます。
やまもと歯科では、保護者の皆様と共に、乳歯時期からの健康管理のサポートに努めていきたいと考えております。お子様にリラックスして治療が受けられるように努め、歯科治療に対して恐怖心を持たないよう指導して参ります。

お子様の保護者の皆様へ

むし歯治療の重要性

むし歯は生活習慣病です。むし歯ができた際、乳歯だからと放置せずに、お子様の頃からしっかりと治療を行うことが重要です。
やまもと歯科ではまず、現在のお口の状況を把握し、むし歯治療を確実に行った後にフッ素を塗って、むし歯菌の出す酸に負けない、強い歯質を作ります。その上で、お子様と保護者の皆様に歯みがき指導を行ってまいります。
子供の頃からむし歯ができにくい環境を整え、正しいケア方法を学ぶことで、大人になっても長く口腔内の健康を保つことができます。

むし歯になりやすい部分

仕上げ歯磨きの重要性

お子様の歯磨きの後には、仕上げ磨きをしてあげるようにしてください。特に注意していただきたいのは下記の4か所です。

  • 歯と歯の間
  • 歯と歯ぐきの境目
  • 奥歯の溝の深い部分
  • 乳歯と永久歯の段差の部分

大人でも歯の治療は怖いと思う方が多いのでお子様は尚さら恐怖心を持ってしまうと思います。日頃のセルフケアだけでなく、定期的な検診を受けることでむし歯は防げるのです。

天井にTVモニタ設置

治療の間も怖くない工夫

当院は診療ユニットの天井にTVモニタ設置しています。 お子様がどうしても治療を怖がってしまう場合などにアニメDVDを流して治療が怖くならない工夫を行っています。

矯正歯科

一般的に『矯正』と聞くと、審美のイメージが大きいと思いますが、歯並びや噛み合わせが悪いと、むし歯や歯槽膿漏になりやすく、また良く咬めないために健康を害したり、顎の成長や顔の形に悪影響を与えます。
やまもと歯科では、歯茎の位置のバランスや、噛み合わせ、むし歯治療に関連してなど、健全な口腔環境を整える手段としての矯正を行ってまいります。 正しいきれいな歯並びや噛み合わせのために、患者さんご自身が納得のいく治療をご提案してまいります。

矯正歯科

矯正治療の種類

小児矯正

小児期に歯並びや噛み合わせが悪いと、むし歯や歯周病のリスクが高まったり、顎関節へ影響が出る場合もあります。子どものうちに矯正治療を行うことでそれらの予防ができ、また美しい笑顔を助けます。成長段階にあるお子様は、顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことができるため、無理なく治療を進めることができます。

床矯正

床矯正は、顎の成長に合わせて歯が生えるスペースの確保を助けることで顎の発育を促進させ、きれいな歯列を作る治療法です。
抜歯を行わなくて済むため、患者様によけいな負担がかかりません。顎の発達が止まるまでの、小児期に行うのが理想です。

成人矯正

大人になっても矯正治療は可能です。何歳までといった制限も特にございません。しかし、歯周病やむし歯がある場合は先にそれらの治療を終わらせる必要があります。また、噛み合わせのために元の被せ物を作り直す場合もあります。

部分矯正

一部の歯並びを治すだけで、機能的・審美的に改善する場合は全体に矯正装置をつけるのではなく、部分的に矯正を行います。

口腔外科

口腔外科では口の中とその周辺の外科治療を扱います。主に、親知らずの痛み、顎関節の症状、口腔内の怪我などを専門に診察治療をします。

親知らず・埋伏歯の抜歯

歯科用CT

親知らずは磨きにくい場所にあるため、肉眼で確認しづらく、磨き残しによってむし歯になる可能性がある歯です。
また生え方が悪いと、隣の歯に当たり痛みが発生することもあります。そのため当院では、CT撮影による3次元的な診断を行っております。
抜歯の必要があるかどうかの確認をしたり、抜歯と判断した際は、下顎にある大きな神経に影響を与えないよう、詳細診断を行った上で治療に進みます。

痛みが少なく、早く治るレーザー治療

痛みが少なく、早く治るレーザー治療

レーザーを使用することで痛みを減少させ、早く治癒する事が可能です。口腔外科においては下記の治療に効果を発揮します。

  • 抜歯後の止血
  • 歯周外科への応用
  • メラニン色素の除去
  • 顎関節症による疼痛の改善
  • 顎の動きづらさの改善

当院では、CO2レーザーとNd:YAGレーザーを症状・治療により使い分けます。どちらのレーザーも体に優しく、不快な音や振動がありませんので安心して治療をお任せ下さい。

レーザー治療器の詳細はこちら

歯冠修復治療(詰め物・かぶせ物)

失われてしまった歯の外形を、他の材料を用いて理想的な形や大きさに戻すことを、歯冠修復といいます。大きなむし歯であっても、歯の根がしっかりしていれば歯を抜くことなく、歯髄の治療を行ってから改めて残った根に継ぎ足して治すことができます。
当院では患者様と十分に相談をした上で、口腔内の状況によっては、自由診療で行う歯冠修復治療もご提案させて頂く場合があります。その際には丁寧にカウンセリングを行いながら、その患者様のお体に一番合った補綴物をご提案いたします。

当院でご提供する自由診療補綴

グラディアダイレクト

グラディアダイレクト

天然歯に近い色の白い素材で、丈夫で割れにくく、極力削らずに装着が可能な詰め物・かぶせ物

メタルボンド

土台に金属を使用し、周りにセラミックを築盛した丈夫で、見た目も白い詰め物・かぶせ物

義歯(入れ歯)

金属床義歯

当院では、保険診療のプラスチック製の義歯の他に、自由診療の「金属床義歯」を取り扱っています。
残存歯へ負担をかけると、その周囲の骨にダメージを与え、骨吸収が起こり歯肉も下がり、最後には歯が抜けてしまいます。口腔内にそのような負担ができるだけかからず、且つ薄く製作でき、温度を感じ、食事を美味しく食べられる義歯として金属床義歯を提案しています。

審美歯科

審美歯科

コミュニケーションにおいて、美しい口元、すてきな笑顔は、快適な生活を営む上で重要な要素であり 多くの人が望んでいることだと思います。当院では患者様のご希望に合わせて白い歯・美しい歯ぐきを手に入れるための審美治療を行っております。

審美治療の種類

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

自宅で自分の都合のよい時間帯に行えるホワイトニング方法です。自然な白さを求める方におすすめです。
当院にて患者様のお口に合ったトレーを作成します。あとは自宅でホワイトニング剤をトレーに盛って、1日2時間程度装着します。個人差はありますが、通常1~2週間で効果が出てきます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

「数日後の結婚式に間に合わせたい!」
「早く白くしたい!」
といった時間のない方におすすめのホワイトニング方法です。
ペースト状のプロテクターやシートでお口の中の粘膜や唇を保護します。ホワイトニング剤を歯に塗布した後、特殊な光をあてて歯を白くします。短期間で効果が出ますが、元の状態に戻りやすいという欠点があります。

Nd:YAGレーザー

メラニン除去

メラニンという色素により、歯ぐきが黒くなることがあります。Nd:YAGレーザ-を照射することによりこの黒ずみを短時間に除去することができます。歯ぐきの黒ずみが気になっていた方、ぜひご相談ください。

 
ページの先頭へ